ドット&ボックスを遊んでみた感想(世界アソビ大全51)

ゲーム

マリカーで夫に負け続け悔しい。

頭脳戦なら夫に負けないのに。

そうだ、世界アソビ大全51買おう。

という訳で買いました!

ソフトのタイトルのとおり51種類の
ゲームが収録されています。


それを一つずつレビューしていきますよ~。

第2弾は「ドット&ボックス」です!

スポンサーリンク

1.プレイ人数

1人でプレイ

・自分対CPUで対戦。

・テレビにつないでコントロール
操作でプレイできます。

・ニンテンドースイッチ本体で
コントロール操作でもタッチ操作
でもプレイできます。

2人でプレイ

・自分対もう一人で対戦。
友達や家族と対戦する場合ですね

・テレビにつないで二人
それぞれにコントロールがあれば
コントロール操作できます。

・ニンテンドースイッチ本体で
二人それぞれにコントロールが
あればコントロール操作で
プレイできます。
タッチ操作でもプレイできます。

2.CPU難易度


CPUの難易度は「ふつう」「つよい」
「すごい」「やばい」の4種類。

最初は「ふつう」しか選べません。


「ふつう」で勝利すると
「つよい」が選べるようになり
「つよい」で勝利すると
「すごい」が選べるようになります。

そして「すごい」で勝利すると
「やばい」が選べるようになります。

3.先手と後手


「先手」「後手」「ランダム」の
3つを自由に選べます。

4.ルール


基本は自分のターンと相手のターンが
1回ずつ交互に変わります。

ドットとドットの間に線を
縦か横に1本引きます。


相手も同様に線を1本引きます。


これの繰り返し。

4本目の線を引いて四角を
作れたらボックスの完成。
自分の色で塗られて
自分のポイントになります。

ボックスを完成させると
連続でもう1本引けます。

全部の線を引き終わったときに
ボックスの数が多い方が勝ちです。

これは引き分け

5.必勝ポイント


ボックスの3本目を引くと相手に
4本目を取られてしまうので
引くのは2本目まで。

連続でボックスが取れるところは
先にゲット!

6.豆知識


ゲームの勝ち負けに関係なく
ゲームが終わると豆知識が
一つずつ公開されます。

海外では・・・

子供の頃にみんなが遊ぶ
ゲームとして知られている

えんぴつ

六角形のものが多いのは
持ちやすく転がりにくいから

消しゴム①

消し「ゴム」と言われるが
最近はプラスチック製が主流

消しゴム②

昔は消しゴムの代わりに
「パン」を使っていた

7.感想

「ドット&ボックス」という名前は
知らなくても子供の頃に
やったことあるのでは?

ゲームを始める前に簡単な
ルール説明が映像で流れます。

最初は「ふつう」の難易度しか
選べません。
簡単に勝てます。

「つよい」「すごい」も
スラスラ勝てますね。

「やばい」は1回ミスをしてしまうと
容赦なくボックスが連続で
取られてしまう・・・。

コントロールで操作するよりも
タッチ操作の方がサクサク
進められますよ。

とにかく四角形のうちの3本目の線を
引いてしまったら相手に
ボックスを取られてしまうので
線を引く前によく確認するべし!

どうしても3本目を引くしか
ないのなら連続でボックスを
取られないような被害の少ない
場所を選ぶしかない!

先手と後手は自由に選べますが
どちらの方が勝ちやすいっていうのは
特にないかな~。

単純なルールで難しく
考える必要なし!

そしてこれなら夫に勝てる!!

ぜひ皆さんもやってみては?

ニンテンドースイッチが無くても
紙と鉛筆があればどこでも
できちゃいますよ~。

これならお子さんと一緒に
プレイできますね。

次回は「ヨット」です。
ゼヒご覧ください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました