②乳幼児のおもちゃ遊びは将来の知能や成長に関係がある!

おもちゃサブスク

乳幼児のおもちゃ遊びは知能や成長に関係があるというのはご存知でしょうか。

遊ぶことで五感を刺激し、情緒や社会性を育み、思考力を養うといった効果があるんです。

聡明なことで有名な藤井聡太棋士や芦田愛菜さんの幼いころを探ると、子供のころに触れた遊びが今に生きていることが分かります。

6歳までの期間に年齢・発達具合にあったおもちゃで遊ばせてあげることで、子供の可能性を広げてあげましょう!

知育玩具のサブスクリプション 【Cha Cha Cha】

脳の9割が6歳までに作られるから、遊びを通して各能力を成長させることが大切!

脳

突然ですが、皆さんはポケモンの名前を覚えられますか?

ポケモンが好きなお子さんに同じ質問をしたら、ビックリするくらいの数のポケモンの名前が出てくるはず。

興味あることに対する子供の記憶力や熱意には驚かされますよね。

産まれてから6歳になるまでに、脳の9割が完成されると言われています。

この乳幼児期に爆発的に脳が形成されていくんです。

記憶力に限らず、色々な能力がこの期間に一気に成長します。

だからこそ、乳幼児期に遊びを通して沢山のことを学ぶことが大切なんです。

各年齢に適した遊びによって様々な能力を伸ばすことができる。

ジャンプ

「ChaChaCha」のおもちゃサブスクでは、各年齢に適したおもちゃを2ヶ月毎に6~7個貸し出してくれます。

乳幼児期の短い期間に脳が一気に形成されるとはいえ、年齢に合ったおもちゃで遊ぶことが大切です。

成長に見合っていないおもちゃを与えても、子どもの興味・関心を引き出せない可能性があります。

「ChaChaCha」ではお子さんの年齢・興味・発達具合に見合ったおもちゃを選定してくれますよ。


0-1歳向けおもちゃ
体の動かし方を学べる。音が出る、叩いたり握ったりする、目や身体で追いかける、といった単純で、しかし五感を刺激することができるもの。

例:歯固め系、ベビージム、布絵本系、音楽系、ラトル系など。



1-2歳向けおもちゃ
自分が行動することで得られる結果を楽しめる。行動を起こすことで変化を感じられ、指先や手足の動かし方を学べるもの。

例:積み木系、絵本遊び系、ピアノ系、車・電車遊び系、数遊び系、おままごと系など。


2-4歳向けおもちゃ
考え、行動し、結果を得るという流れを重視する。繰り返し行う事で得られる記憶学習の基礎が身につくもの。

例:パズル系、運動系、ごっこ遊び系、語学学習系、指先運動系、乗り物遊び系など。


4-6歳向けおもちゃ
集中力が必要だったり、問題を解決するために必要な思考能力を養う。想像力を育てる、ゴールへの道筋を考える、数人でルールのもとで楽しむといった、考える力を育成するもの。

例:音楽系、育脳系、立体組み立て系、プログラミング系、学習系、モンテソーリ系など。

長く使ってほしいからと、対象年齢よりも高すぎるものを選ぶのは、知育の観点からみると効果的ではありません。

知育で重要なのは、子どもの年齢・興味・発達具合に合ったおもちゃを選ぶこと!

「「基本プラン」は0歳から6歳まで各年齢にあったプランあり!」詳しくはこちらをクリック

藤井聡太棋士と芦田愛菜さんの能力が高い理由は幼いころの遊びにあった?

藤井聡太棋士の強さは幼いころに「キュボロ」という積み木で遊んだから

藤井聡太棋士は史上最年少(当時14歳2ヶ月)でプロ棋士となり、現在も次々と記録を作り出している天才です。

5歳の頃に将棋に出会ったのが将棋人生の始まりですが、3歳の頃に「キュボロ」という積み木で遊んでいたことが思考力を鍛えたのではないかと考えられています。

キュボロは1985年にスイスで生まれた積み木です。

積み木には溝があり、この溝を上手くつなげてビー玉が転がるようにコースを繋げていくというもの。

目に見えない部分の溝を繋げて立体的なコースを作るので、空間認識力が身に付きます。

何度も試行錯誤を重ねてコースを完成させたときの達成感はどれほどでしょうか。

また、理化学研究所の実験により、このキュボロの積み木と詰め将棋は脳の同じところを活性化させると証明されています。

幼いころにキュボロというおもちゃに出会ったから、プロ棋士として活躍できる人材になったんですね!

芦田愛菜さんの演技力・知識量の凄さは、幼いころから読書をして情報を吸収してきたから

芦田愛菜さんは天才子役として有名になりましたが、現在は有名進学校に進む才色兼備の女優さんです。

彼女は幼いころから絵本などの本に囲まれて育ち、小学生の時は月に60冊も読んでいたとか。

現在でも年間100冊以上読む読書家として知られています。

芦田さんの発言から窺えるその知識量には驚かされますよね。

読書をすることで語彙力や読解力が向上するのはもちろんのこと、集中力や想像力も身に付きます。

幼いころから本と共に生きてきたからこそ、現在の芦田愛菜さんの聡明さに繋がっているんですね!

芦田愛菜さんは2019年に「まなの本棚」を出版し、オススメの本が約100冊も紹介されています。

芦田愛菜さんの聡明さの秘密が覗けるかもしれませんよ!

結論:子供の頃に触れたおもちゃや本が、将来の知能や成長に関係する!

藤井聡太棋士や芦田愛菜さんの例を見ると、子供の頃に触れてきたものがいかに大切なものか理解できるのではないでしょうか。

子どもの頃に伸ばした能力を、しっかりと職業に活かしていますよね。

もちろん幼いころのおもちゃ遊びだけが、将来を決める訳ではありません。

ですが産まれてから6歳になるまでに脳の9割が完成されることは事実です。

この時にしっかりと色々な能力を伸ばしてあげることで、子どもの将来の選択肢を広めてあげられるのではないでしょうか。

幼いころに触れたものがきっかけで才能が伸びるという可能性は大いにあるんです!

ChaChaChaのおもちゃのサブスクでは、年齢・興味・発達具合に合ったおもちゃで遊ぶことができます。

子どもの可能性を広げるためにおもちゃのサブスクを試してみましょう!

知育玩具のサブスクリプション 【Cha Cha Cha】

おもちゃのサブスクChaChaChaについてもっと知りたい方はコチラ↓

「おもちゃのサブスク「ChaChaCha」なら毎月3410円でベビーの知育を始められる!」詳しくはこちらをクリック

コメント